トップ  >  タイで萌える  >  僕がホストですか?

僕がホストですか?

2009年08月30日

先日、ゴルフの打ちっぱなしをしていたら、急に人恋しくなって20時ごろからシーロムへ繰り出した。

いつもの飯屋で、カレーライスとビールを注文!

そして、いつものようにビアガールと雑談、至福の時である(ノ∀`)


今日は、ガンガン飲みたい気分なので、1時間ぐらいで飯屋を出て最近よく行くBARに向かう。

そこには最近仲良くなってきた、ゴイちゃんがいる。 ゴイちゃんは素朴な感じで、まだバンコクに汚染されていない子である。 今日はゴイちゃんと、酔うまで飲もう!って決めてたのね。

そして、いざ店に到着すると、ゴイちゃんはまだ来ていなかったのだが、ゴイちゃんの友達が電話してくれて、もうすぐ来ることがわかったので、一人でビアシンを注文して待つタオ

しばらくしてゴイちゃんがやってきた! 僕を見つけると、すぐやってきて

ゴイ「すぐに来るから待ってってね」といって着替えにいった。

ほんと素朴な感じで、いいです(・∀・)イイ

戻ってきたゴイちゃんと、一緒にビアシンを乾杯! ゴイちゃんはかなり飲むので、僕の飲み友達お姉ちゃんとしては最高なのである。

ゴイちゃんとこうやって飲むのも、数えて4回目になる。 だいぶんと慣れてきたゴイちゃんは饒舌だった。

ゴイ「今までに好きになった人は一人だけ、4年前に別れたけどまだ好きなの~」

ゴイ「彼はとてもかっこいいから、いっぱい彼女がいたのでも好きだから我慢してた、今は彼女じゃないけど、たまに会って話しするの~」

ゴイ「ねーねーみて、彼の写真、かっこいいでしょ? あの頃は本当になんでも彼のためにならやってあげれたわ~」

ゴイ「もう、こんなに好きになって苦しむのは嫌だから彼氏はいらないの~」(´ー`)


おいおい、僕は誰ですか? 僕は何だろう?( ゚д゚)ポカーン

写真を見せられても、どう反応したらいいのですか?

こんなシミジミした話をしたいんじゃないんですけど…。

ちょっと冷めてきた僕は、今飲んでいるビアシンがなくなれば店を変えようと考えていた

しかしそのとき、ゴイちゃんの友達の女の子が

「タオさ~ん、私もビールのもっと!」

【飲みたい】じゃないんですよ、【飲もう】なんです…

もう、飲むことが決定されているんです、僕のお金で…_| ̄|○

僕はこういう図々しい人が大嫌いなんで、無視していたら、ゴイちゃんが

「頼んじゃいなよ~」って友達に言っているじゃないですか…

まーゴイちゃんの顔も立てないといけないので、OKすることにしましたが、

その後も、この友達さんは、何杯もお代わりをしています。

ちなみに、この友達さんはまったくもってかわいくない、例えるならV6のイノッチに似ている。

やばい…全然楽しくない…_| ̄|○

もういい加減店を出ることを決意し、チェックビン!

こんなんでも、一応ゴイちゃんにチップあげるのはマナーである。

ゴイちゃんにチップをあげるとすかさず、

イノッチ「私にも~ね~100バーツ」

無理無理のジェスチャーで返す僕(゚Д゚)ハァ?

ゴイちゃん「えーあげてよ~」( ゚Д゚)

この一言に、がっかりしてしまった。

旅行者ならばともかく、僕はサービスに対してチップを払う人間なので

しかもイノッチは1杯 150バーツのビールを4本は飲んでいた…勝手に…

無視!( ゚Д゚)ナニカ?

ゴイちゃん、たぶん僕はまたこの店に来るよ。

でもね、違う子を選ぶと思う。

馴れ合うと、どんどん調子に乗ってくる子が多いタイランド

一線は大切だと、改めて勉強した フロンティア タオであった('A`)



      
無料で英語が身につくメールが毎日やってくる ( ・∀・)ノHey!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ

スポンサーサイト

タイの一軒家を購入 | トップページへ戻る | 微笑みの国タイランド

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク