トップ  >  タイで活きる  >  僕が嫌いなタイ人の職業 

僕が嫌いなタイ人の職業 

2009年11月02日

タイに住んでいて、タイ人に切れそうになることがある。 

その相手のナンバーワンは間違いなく、ポリス( ゚Д゚)ヴォケ

車を運転していると、もっとも気をつけないといけない存在である。
運転自体のマナーやルールが全くなっていないタイなのに、彼らの気分次第(財布の中身次第)では少しのルール違反、例えば車線変更のタイミングが遅かったりしたレベル、日本じゃーまず捕まらないレベルで捕まることがあるという、すごい国である。

基本的に捕まったら、賄賂で解放される、相場は100バーツで十分だ。
実際に警察署までいくと、500バーツなので、断然賄賂の方がいいので、支払ってしまう。

昔は、捕まったらすぐに100バーツを渡したら解放してくれたが、最近はなかなか100バーツを受け取ってくれない。

僕が100バーツを渡そうとしたら、

警察「そんなのは受け取れない」( ゚Д゚)といって切符を切ろうとする。 しかし、切符をなかなか切らないので、何度も100バーツを渡そうとすると、

警察官はレクチャーをしてくれた

「免許証の下に、100バーツを見えないように重ねて、渡してくれたら受け取れる」(・∀・)つ

すばらしい、アイデアである_| ̄|○

その後は、警察に捕まったらすぐにこの方法で渡すと、みんな喜んで解放してくれる。

大体の警察官は解放するときに

「気をつけて、運転してね」( ・∀・)って笑顔で言ってくれる。

そんな感じで警察に捕まったら、100バーツを渡せばいいのだが、その相場が変わる日がある。

今年の元旦に、僕はガラガラのサトーン通りを運転していた。

車線変更のタイミングが遅く、運悪く警察に捕まった、僕はいつものように免許の下に100バーツをかくして警察に渡したが、警察は受けとらない。

これは、賄賂を憎むすばらしい警察官に出会ったのかと思ったが、それは大きな間違いだった。

警察「100バーツじゃー見逃せない」(゚Д゚)

そういうことでしたか? そこでうっとおしいので200バーツにうわのせしたのだが、

警察「200バーツなんかじゃだめだよ、警察署行ったら500バーツ以上の罰金だ、しかも今日は正月だから、もっと出せ」

正月は賄賂の価格も上がるんですね。

仕方がないので300バーツを出して、これ以上つり上げるならば警察署に行くというと

警察「分かった、これでゆるしてやる」と言ってくれた。

別れ際に

「サワディー ピーマイ クラップ」(゚∀゚) あけましておめでとうと言ってくれた。

あんたのせいで、最低な年明けを迎えることになったんだよ



      
無料で英語が身につくメールが毎日やってくる ( ・∀・)ノHey!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ


スポンサーサイト

ロイカトーン 2009 | トップページへ戻る | タイでのサービス

このページのトップに戻る

コメント

こんばんわ☆

ここに訪問するまでに何日掛かったことか。。。

Σ(Д;p)p(°ロ°p)p

定期的にblog更新と会社を引っ張るタオさんには凄いです。。。

一ヶ月に一回になるかもですが。。。

陰ながら応援しております。。。(笑)

Re: こんばんわ☆

nanaさん>コメントありがとうございます。
そんなに忙しいんですか!?
タイは年末を避けて、今月出張でこられる方が多く、忙しいやら楽しいやらです。
Blogは趣味なので、継続できるんです、凄くはないですよw

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク