トップ  >  タイで萌える  >  ちょっとしたことですが・・・

ちょっとしたことですが・・・

2009年10月25日

僕は酒は強くはないのですが、大好きです(;´∀`)

ある程度酔えるまで飲ましてくれれば、文句はありません。

一人で飲むときは量的には、1回の摂取量ビール大ビンで2本くらいでしょうか。

缶なら3~4缶ね。 

基本的には年に360日くらいは飲んでます( ´∀`)

一応体を壊してからは、一人ではこれ以上飲むのは控えています。

これが多いのか少ないのか分かりませんが、一人で晩酌しない人からは多いといわれますし、僕より飲む人もいっぱいいるので、普通としておきましょう。

さらに、週に何回かはお客と飲みに行ったり、友達と飲みにいったりします。

そのときは、きっと大ビンでいうと4本~6本くらいの量に達しているのではないでしょうか?

数えてませんが・・・(゚⊿゚)

たまに、暴走気味になるとこれ以上の摂取量になっちゃいます。

最近、飲みすぎると次の日がしんどくなってきました。

はい、間違いなく歳のせいでしょう(;´Д`)ハァハァ

そこで、先月くらいから飲む量と、遊びに出かける日数を減らしました。

一人で飲む量は大ビンなら1本

缶なら2本 

なのですが、どうしても飲みたいときはプラス1缶までOKということで(;´Д`)イイデショ

酔えるコツは、基本的に一気のみです、しかし飲んでいる時間が短いのが欠点です

これによって25%削減ですヽ(゚∀゚)ノハトヤマミタカ

そして今まで、週に2回以上接待やら、遊びやらで飲みに出かけていたのを、基本週に1回にしました。

どうしてもお客が重なったら仕方がないですけど、お客と飲みに出かける週は自分から誘って友達とは飲みに出かけないようにしました。

そうなると、週に1回の遊びに行く日が大切になってきましたね実際。

※一人でシーロムあたりに出動することはありませんが、誘われるて、予定がない場合はほぼ100%出動しています、自分から出動するのを控えてるだけですね( ゚Д゚)ナニカ?


といっても回数が減ったのは確か、1回、1回が真剣です(゚Д゚)

だから絶対に楽しめるプランで挑むわけです。

ということで、最近はホームであるシーロムからちょくちょく遠征に出てます。

いや~バンコクはまだまだ広いです。

こないだ見つけたBARは、完全白人の店です

そこのコスチュームがお気に入り

ある時は、学生さん、ある時はレースクィーンそして、チャイナドレスなどなど

ちなみにオーナーの意向で、ブ○○ャーはつけてはいけないことになっているそうです

白人の中にも、日本人のワビサビがわかる人種がいるんですね
※一部、日本語の使い方に誤りがあるかもしれませんが、ご了承ください

感動です(´ー`)

僕の知らない怪しげなエリアがまだまだあり、あと数年は楽しめそうですね



      
無料で英語が身につくメールが毎日やってくる ( ・∀・)ノHey!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ


スポンサーサイト

タイでのサービス | トップページへ戻る | プミポン国王 お元気です。

このページのトップに戻る

コメント

これは・・・

ファランにはありえないこの感性、 すばらしい店ですね(笑)  久々にバンコクに行きたくなってしまいました・・・

No title

ノーブラは了解。
で、下の方は?

コメントの編集

Re: これは・・・

myitsonさん>ですよね! ファランはストレートなことしか思いつかないと思っていたのですが、見直しました。 いやーバンコクいいですよw

Re: No title

toshi@タイさん>下のほうははいておりましたです!
スカートをめくると、適度に恥ずかしがってくれます。

No title

年に5回も6回も行けていた頃が懐かしい・・・ 年末までの辛抱か・・・ 

店の場所のヒントは無しですか?(笑)

コメントの編集

No title

myitsonさん>年に5回も来られていた時期があったんでね!?すごい。
場所は日本人は、先ずこないようなところです、有名な歓楽街ではないです、毎回ほぼローテーションで行っているので、今はこれだけですw ごめんなさい。

コメントの編集

No title

実はもっと行っていたかも(汗 でも知人の中には月に2回とか行っちゃう人もいるので・・・

場所は残念ですが、しかしバンコクも奥が深いですね(笑)

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク