トップ  >  日本で思う  >  日本での仕事

日本での仕事

2010年02月22日

今回は出張です、だから仕事がメインなのです(゚⊿゚)イチオー

日本に会社がないタイ企業に勤めている僕は、出社するところもなければ帰社するところももちろんないわけです、ですから基本的にはどっかの駅でアテンドしてもらう会社の方と待ち合わせしていました。

もちろん電車やアテンドしてくれる会社の車で移動します

切符を買うのも、全部その方の指示に従います、スイカって言うんですか? それを持っていない僕は結構頻繁に切符を買わなければならないのが疲れます。

僕は田舎の子のように、アテンドしてくれる人の言われるままに移動してずっと一緒にいました、だからその人たちの1日を結構しることになりました。

ほとんどの方が、携帯で最短距離、時間を検索して移動していました、車での移動中もノートパソコンを開いてお客様へのメール、本社への報告をしていました。 
途中、本社から電話がかかってきて、今朝僕のアテンドに直行するって報告していなかったことを、注意されていた人もいます。
僕との仕事が16時に終わったのですが、そこから1時間かけて帰社して、19時から再び僕らと合流して食事に行った人もいます。

ほとんどの方が、昔タイで一緒に働いていた方です

タイにいたときは、みんな小さなことは自分で決めていました、移動も運転手つきの車です、少し早めに仕事が終わっても、移動時間を考えて無駄な移動であればその時点で最終目的地に向かっていました。

日本とタイ違います 駐在員って大変だなと思いました、このギャップに慣れないといけません、また日本の生活に戻れない人が、またタイに戻ってくるんですね(・A・)

こう書くとなんだかタイって適当って思うかもしれませんが、仕事の内容はタイの方が責任が重く充実していたと皆さん言います。

僕は数日、こんな感じで一緒に行動していました

最初は絶対こんな生活嫌だな~って思うのですが、途中それでも昔は僕もこの生活の中で幸せをみつけていたんだんだなって思い出します。

酔っ払って、電車にみんなで乗って移動します  ちょっと懐かしいです(ノ´∀`*)

この瞬間、僕もまた日本のビジネスマンに戻れるかな? 戻るのも悪くないな?って思いました

それでも僕にとっては、すでに日本をメインに働くことはないでしょう。

日本へ帰るたびに思うことですが、今回もやはり結論は同じです。

こうして、日本での出張の予定をすべてこなしてタイに帰る日がやってきた

帰りもTG、関西空港のロビーで朝っぱらからキリン一番絞りを2缶飲んでいざ搭乗!

6時間後にスワンナプーンに到着

入国手続きをすませて、携帯で会社に連絡しようとしたら電話が使えない

予想とおり、電話料金が月極め料金をこえていた。

タイの携帯を使っていたいたので、ローミング代が大変高いようだ。

通常は8,000バーツまでかけれるのだが、この1週間で15,000バーツに達していたようです。

すぐに部下に電話会社に交渉してもらい、リミットを上げてもらい使えるようになりましたが、ちょっと反省です。

実は日本にいる間に、タイの仕事仲間から電話が何件かありタイが恋しい僕はついつい長電話をしてしまった結果です

やはり、僕はタイが好きなんです(;´Д`)サミシカッタンダヨ

日本で思うシリーズ、タイが恋しかったり、日本が懐かしかったり、タイの方が楽だったり、日本のしっかりしたところに感心したり、いつもそうなんです、この感情を表現するのは僕の文章力では難しいのです。

言えることはタイも日本も故郷です、ただ、だんだんタイに住んでいる年数が長くなってきているため、タイが自分の家(国)になってきていることは年々感じます





 ↑      ↑     ↑
タイ語をはじめアジア言語が充実さいた音声付翻訳機
旅行、ビジネスはもちろん、タイのお姉ちゃんとの距離が縮まること間違いなし!
タイ語の発音の勉強にもなりますよ(・∀・)イイ!!



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

タイで遊ぼう! | トップページへ戻る | タイと日本の違い

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク