トップ  >  タイで活きる  >  夜間外出禁止令

夜間外出禁止令

2010年05月22日

今日までタイの指定された地域では、夜間外出禁止令がでている。

外出禁止令って? 

この微笑みの国の国民のほとんどが守っているこの禁止令。

昨日は本社会議が終わったのが16時、急いで飲み屋にいって開いているところを発見したのだが、19時に閉店。

従業員が外出禁止がはじまる21時には家に帰れる時間だ。

じゃーこの禁止令を守らなかったどうなるの? 

先ず職務質問される、必要な外出だと判断されればいいが、不審者だと判断されると捕まるという。
この場合、2年以下の懲役もしくは40,000バーツの罰金だという。

もし、逃げたりした場合

命の保障はないという ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

タイらしいです、そりゃ~守ったほうがよさそうです 

そんな話を聞きながら久しぶりに外で飲んでいたタオですが、暇なので親友のケンさんに電話してみたら、

19時の時点で働いていました‥(;´Д`)スッ、スバラスィ


タオ「どこにいるんですか?」

ケンさん「シーロムです」(´Д⊂ヽ


それはかなりデンジャラスですねという話をして、状況を聞くと

19時の時点で、タニヤは真っ暗、シーロムでも飲食店がオープンしているところはなしということです。

セブンイレブンも18時にCLOSE

18時には絶対にオフィスから出ていけ言われていたのだが、仕事が終わらず一人でいるケンさん

さすが仕事の鬼ですが、命は大切にしてください(;´Д`)

アピシットが終結宣言をしていましたが、まだまだいつ爆発や放火があるかわからないと思うので、
危ないところには行かないほうがいいです。

昨日もちょっと書いたのですが、赤シャツの標的になっているところには近づかないことですね。

セントラルグループ こちらはいろんな事業をしています、

セントラルデパート、BIG-C、KFC、ピザハット(もうないか?)、ミスタードーナツ、アンティーエン、ペッパーランチ、ちゃぶ屋 ちゃぶとん、などなど多数の飲食レストラン、あとセントラホテルなどがグループです。

さらにCPグループです、こちらの代表的な企業はセブンイレブンですね、あとチェスターグリル、TRUEもグループといえるかも。

他にはバンコク銀行やビアチャーンも反タクシンとして有名です。

まだしばらくは普段のタイに戻るには時間がかかりそうですが、緊迫感はだいぶんなくなった気がします。

こんなときが危ないんです! 油断せずに気をつけてください!





ごく最近ですが、twitterをはじめました、めちゃくちゃしょうもなく、どうでもいいことばかりですが、気が向いたときにつぶやいています( ´д)ボソ 

もしももしも、お時間があればタオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】のタオのつぶやきにアップしているので見てください 

Byホームページ作りなら【格安ホームページ】




      
無料で英語が身につくメールが毎日やってくる ( ・∀・)ノHey!



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ


スポンサーサイト

夜間外出禁止令 延長 | トップページへ戻る | 静かなバンコク

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク