トップ  >  タイで活きる  >  タイの生活事情 住居編

タイの生活事情 住居編

2010年07月24日

僕はタイに移住して9年目になる。 タイで生活しているのが普通で、日本の生活にもどることなど考えられないくらいタイの生活に慣れ親しんだ。

タイの生活ってどんなイメージですか?(・∀・)

物価が安い

微笑みの国の人は優しい

日本人にとってとても住みやすい国

スローライフ 時間を気にせずマイペースで生活が送れる



確かにこんな生活をしている人も中にはいるかもしれません、気の持ちよう、身のおきようというところもあるでしょう。

しかし、現実は結構大変なんですよ。

そこで、今回からタイに住んでおきながら、タイの大変なところを紹介したいと思います(ノ∀`)


1、住居

タイの住居は安いといわれますが、それはピンキリのキリです。

キリのそれは3,500バーツくらいで見つかりますが、結構ハードな部屋ですよ(;゚Д゚)
天井の配線は剥き出しだし、浴槽はなし、置かれている家具は粗末なもので、パイプベットなんてかたくて腰を悪くしそうです。 またそんなアパートに住んでいるタイ人は、マナーも悪い方も多く、部屋の扉を全開で音楽をかけて一晩中宴会ということもあるでしょう。
また家賃は安いが電気代をアパートに払うのでこれが高い!1ユニット6~10バーツ、エアコンをつけていると、月に1,000バーツ以上はかかる。 
若いときはこんな生活も我慢できましたが、今はもう無理です(;゚Д゚)カンベン

BTS沿いでそれなりのところははやり、15,000バーツくらい必要です。 それでも高級マンションではありません、日本の学生の時に借りていたワンルームマンション6万円のほうが個人的には良かったです。


ではコンドミニアムを購入してしまうのはどうか? 僕もコンドミニアムを購入しまいたが、BTS沿いで3LDKならば400万バーツくらいでしょう。 ワンルームなら200万バーツくらいからあります。 シーロムとかプロンプロンとかだともっと高いです。
高いか安いかといえば安いかもしれませんが、買ってからも年間3万バーツくらいの管理費がかかりますし、もし貸し出すにしても売却するにしてもタイに詳しくないと損をする可能性もあります。

※長くタイに住む覚悟ならば、購入するのが一番いいと思います。


家を買うにしても、結構高いです。 400万バーツで新築一戸建てが売りに出されていますが、この価格はバンコク郊外です。 バンコク中心から1時間くらい車でいったところです。 
タイ人にとってはそこは都心から少し離れたベットタウンかもしれませんが、日本人にとっては日本料理屋もなにもなく超不便な場所です。
バンコクの都心で一戸建てを買うなら、3,000万バーツ以上はかかります、僕も見に行きました、ほしいですが、手が出ません・・・。 
それでも東京よりは安いかもしれませんが、タイ人ならともかく外国人にとってそこまで魅力かといえばNOです。

※土地は外国人では基本的に購入できません。会社の名義にしたり、タイ人の名義にしてなら購入できますが信頼関係が必要です。


僕は今のコンドミニアムを購入するまでは、バンコクで3ヵ所くらい引越しましたが、常に不満がありました。
隣がうるさいとか、ヤームのマナーが悪いとか、部屋のオーナーがいざとなったときは嫌な奴だったりとか、
経験上、満足がいける住居を見つけるのは結構大変です。

次回もタイのタイ変なところをご紹介します。

※タイはタイ変だ~って日本兵と初めて会ったときに彼が言ってたのを思い出しました。


【タイ情報局 サワディータイランド】 ←こちらのホームページでタオのつぶやきをアップしています


【タイでかける保険ならAIAタイランド保険】 ←貯蓄型生命保険は、元金保障はもちろん満期時には約2倍になりますよ!



Byホームページ作りなら【格安ホームページ】 自分のホームページが49,000円ぽっきりでもてます。WORD PRESSで自分で更新も簡単!




      
無料で英語が身につくメールが毎日やってくる ( ・∀・)ノHey!



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

タイの生活事情 食事編 | トップページへ戻る | ハミングするのは何人?

このページのトップに戻る

コメント

タイで活きている

私も仕事で赴任した1年を加えると9年目になります。
その後早期退職してバンコクではなくて、田舎町、日本で言うとバンコクを東京とすると大磯辺りの町に家を購入し、街は日本食屋で溢れ、ほぼ快適に過ごしています。
日本の家は神奈川県にあり、タイと日本をパイパイマーマーしてます。
どうしてもタイに永住ということは考え難く、日本にも基点となる家は必要です。

Re: タイで活きている

かんれっきーさん>コメントありがとうございます。 大磯...関西の私には地理はちょっと思いつかないのですが、バンコク郊外で日本食多しとなり、リタイア滞在となるとシラチャーあたりでしょうか?あのあたりは日本ですね。僕は完全にタイをベースに考えています、将来はどうなるか分からないですが、タイに拠点があるのは確かだと思います。

No title

 お久しぶりです。
 以前、コンドって物にもよるみたいなのですが、借地権が50年とか、色々あるみたいですが・・・
 地主と延長契約が出来ない場合、壊すしかないのかな?
 まぁ、自分が45歳くらいに移住したとして新築で借地権50年ならまぁ、95歳までは生きてはいないと思うので、問題は無いのかな???
 ふとした疑問?でした。
 でわまた。

Re: No title

通りすがりの溶接工さん>借地権など契約によって様々だと思います。 タウンハウスなんか老朽化してきたり、隣が取り壊したいと思ったら自分だけが頑張っても大変なことになります。 このあたりは日本と同じではないかと思います。契約書は信頼のおける弁護士にお願いして見てもらうことが一番だと思いました。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク