トップ  >  タイで活きる  >  タイの生活実情 生活編

タイの生活実情 生活編

2010年08月05日

先ず気候について

タイは常夏、タイは乾季と雨季の2シーズンです

僕が9年前来たときは、ガイドブックにタイは3つの季節がありました...

HOT HOTTER HOTTESTですってそんなジョーク今のガイドブックにも載っているのかしら?(;´Д`)

そんなわけで、本当に暑いです。 日中、外を歩くと1時間でシャツはベタベタです。

外で働いている人が、だらしなくグタァーとしているのが分かります、やる気が削がれます。 たまに営業などで、車で動くと時間がかかるのであるく時がありますが、夕方には部活帰りの子みたいに疲れています

だから、日常的に冷房がかかっている場所にいることが80%以上の時間を占めます。 なんか逆に汗をかかず気持ち悪いです。

タイの気候かなり厳しいです(;´Д`)ハァハァ

次にタイの規則

タイの法律とかは、あってないようなもの。 俺が法律だというような警察官、役所の方が多いです。

もちろん人次第ですが、理不尽なことも多く疲れます。


タイのサービス

タイのサービス業も同じく、ストレスになることが多いです。 サービス料は入っていないのでしょうね、だから安いのかもしれませんが、日本のサービスに慣れていると驚くことが多いです。 買わなくてもいいよという精神(゚Д゚)ハァ?です。 

また平気でボッタクッてきます。 こちらもボラレルほうが悪いんですよの精神です(゚Д゚)ハァ?

常にレシートを見ておかないと、ボッタクリはエスカレートしていくでしょう。

タイ人の性質

他にも、タイ人は普段は笑顔で優しい人も多いですが、車に乗ったりすると性格が変わります、完全に奪い合いの精神です

これと同じで、もし何か自分が間違ったことをして、タイ人を的に回してしますと、微笑みの国住人は人格が変わります、信じられない報復をうけることもあります、いわゆるリンチです。
警察もこのリンチには目をつぶるところがあるのでほんと気をつけましょう。

タイの殺人件数は日本の数倍です、安全な国というイメージがあるかも知れませんが、そこいらに犯罪に巻き込まれる可能性があります。 

常に気をつけないといけないでしょう。

例を挙げたらきりがないですが、タイの生活思ったよりストレスがたまります(;´Д`)ハァハァ

僕も毎日何かしらに怒っていた時期もありましたが、それが無駄だと分かり、馬鹿らしくなり、そしてタイを受け入れるようになりました 

これまでの例はプライベートな時間の話です、これにタイで働くならばこれ以上に大変なことが待っているでしょう。 


理想のタイライフとはかなり違った現実に、タイにこられる半分以上の方は3年以内に日本に帰られると言われています(´Д⊂ヽカエル

日頃、タイは楽しい!みたいなことを書いているので、今回はタイの現実を書いてみました。


それでも僕にとっては、タイの良いところのほうが、悪いところに勝っているのです。


こんなタイですが、慣れてくると住み心地がいいのです。

これからもタイで活きていこうと思うのでした。 


【タイ情報局 サワディータイランド】 ←こちらのホームページでタオのつぶやきをアップしています


【タイでかける保険ならAIAタイランド保険】 ←貯蓄型生命保険は、元金保障はもちろん満期時には約2倍になりますよ!



Byホームページ作りなら【格安ホームページ】 自分のホームページが49,000円ぽっきりでもてます。WORD PRESSで自分で更新も簡単!





      
無料で英語が身につくメールが毎日やってくる ( ・∀・)ノHey!



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

タイの僕の生活 | トップページへ戻る | タイの生活事情 言葉編

このページのトップに戻る

コメント

はじめまして。
時々覗かせていただいております。
楽しそうなタイライフをうらやましく思います。
私もタイでの生活を夢みており、参考までにお伺いしたいのですが、高卒の47才・営業職約30年(物販ではなく保険・リース等ファイナンスシステムの営業)、こんな私でも仕事はあるものでしょうか?
あと、私の友人で26才女性・短大英文科卒・保育士免許あり、こんな娘の仕事はあるものでしょう?
あるとすればいくら位の収入なのか、現地で生活している管理人さんとしての意見をお伺いできればと思います。
よろしくお願い致します。

Re: タイトルなし

ぽんさん>コメントありがとうございます。
楽しくもあり、大変なタイ生活ですよw 馴染めるかどうかは、人それぞれだと思います。
さて、給料の話ですがほんとこちらも人それぞれです。 ぽんさんの場合はあとは語学でもかわってくるかもしれません、お友達の場合ははじめは4万バーツ前後ではないでしょうか?
職種による参考給料をホームページにも掲載しているのでご覧ください。
http://sawadiithai.com/

これからも宜しくお願いします。

No title

暑さを乗り越え、理不尽さを乗り越え、悟りの境地に達した人だけが、
タイに残れるのですね。
そういえば、私も怒っていたばかりの時期がありました~。
今は大体予想できるので、またかよーと思いますが。

しかし、タイ人は怠け者とかいう人もいますが、こんなに暑かったら、
やる気でないのは当然ですよ。
勤勉でいられるのは、気候にも左右されると思う怠け者の私です。

コメントの編集

ありがとうございます。また時々覗かせていただきます。よろしくお願い致します。

No title

ぷんぷくさん>おはようございます。 最近よく、プーケットでの生活を懐かしく思い出すタオです。

最初はタイの良いところを感じ、次に悪いところを耐えて、そしてまたタイの良さが分かれば、タイマスターですw

タイ人は暑さから身を守る手段を知っているのでしょうね、プーケットのパトンでは午前中は皆さん寝ていて、昼からもぞもぞ動き出して、夜行性のようでしたw



コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク