トップ  >  タイで活きる  >  タイの税金

タイの税金

2010年08月14日

タイで所得税を払うとなんかすごく払いすぎている気がする

実際は30%くらいなのだが支払っている金額とタイの物価を比べると、やっぱり払いすぎている気がする。(゚д゚l

実際どれくらい払うのか?

タイの日本人の最低賃金 給料5万バーツ ボーナス2ヵ月だと 年間に約55,000バーツの税金を納めないといけない。

これだとそんなに多くない気がしますよね。


それが給料10万バーツだと年間225,000バーツの税金

20万バーツだと645,000バーツにもなります。


これって多くない?(´・ω・)

年収のほぼ30%くらいを税金として納めなくてはなりません。

もう少し年収があがると最大37%となります。

税金を減らすために、僕が駐在員時代は日本とタイで給料を分けて支給してもらっていました。

今はタイ企業そんなこともできません、以前BOSSに税金を少なくするための相談をしましたが、

BOSS「タオさん、税金は多く払っておいたほうが大きな買い物をするとき便利です、もし税金を払っていなかったらそのお金がどこからきたのか調査されますよ」と助言された。

タイでは麻薬で稼いだ金や、外貨を不正に持ち込んだりした金を調査するために、大きな買い物をした人間の納税額を調べるらしい。

確かに僕がコンドミニアムを買ったときは、この納税書が役になったが、そう何軒も買うわけがないので、再度相談してみた(゚д゚)モウイミナシ

そこで僕が買ったコンドミニアムを社宅として登録して、家賃を4万バーツほど会社から支給してもらっていることにした。 それだけでも、年間15万バーツくらいの節税になる。

これではまだまだ不十分

それ以外にも自分で節税する方法を調べたら、タイ株のファンドを購入しても税金控除にあてられることが分かりました、上限は年収の10%くらいだったと思います。 年収200万バーツだったら、20万バーツまで控除の対象になり、年間6万バーツくらい節税できます。
これには条件があって、5年間保有しなければなりません。ただ、2010年の12月に購入して、1ヵ月しか保有していなくても1年と数えられるため、最短で3年と数日の保有で5年保有したことになります。

他にはタイの生命保険に加入することです、こちらは現在10万バーツまで控除されますが、来年くらいには20万バーツまで控除されることになるそうです。 そうなったらこちらも年間に6万バーツくらいの節税ができます。 またタイの生命保険は、15年支払い25年満期の元本保証の貯蓄型タイプがというのがあり、満期時には実際の支払い金額の約2倍になって戻ってきます、もちろん万が一の生命保険もついています。

興味がある方は、↓から問い合わせてください(・∀・)つ

【タイでかける保険ならAIAタイランド保険】 ←貯蓄型生命保険は、元金保障はもちろん満期時には約2倍になりますよ!


タイの税金対策でした(・∀・)イイ!!


【タイ情報局 サワディータイランド】 ←こちらのホームページでタオのつぶやきをアップしています

Byホームページ作りなら【格安ホームページ】 自分のホームページが49,000円ぽっきりでもてます。WORD PRESSで自分で更新も簡単!





      
無料で英語が身につくメールが毎日やってくる ( ・∀・)ノHey!



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

タイのぼったくりバー | トップページへ戻る | タイの僕の生活

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク