トップ  >  タイで活きる  >  げんちゃん村とちゅうさん村

げんちゃん村とちゅうさん村

2010年12月14日

※この物語はフィクションです。 

微笑みの国には日出国からの移民が住む村あります。 

大きく分けると2つの村があり、げんちゃん村とちゅうさん村と呼ばれています。


げんちゃん村は誰でも簡単に移住してこれる村で、サバーイサバーイが村の合言葉です。ヽ(´ー`)ノマターリ

ちゅうさん村は、日出国であらゆるテストに合格したものだけが入れる村です。 彼らは半強制的に送り込まれてきており、ただ移住期間が決められていて3年~5年しか住むことができません( ゚д゚)

あらゆるテストを合格したちゅうさん村の住人の平均収入はげんちゃん村の3倍~5倍もあり、この二つの村の生活水準は同じ日出国からの移民でもまったく違います。


そのため同じ国の出身ですが、仲良くすることはありませんでした。

そればかりか、お互いに嫌いあうところすらありました。

げんちゃん村の父親「ちゅうさん村のやつらは、偉そうにしているけど馬鹿ばかりだ! そのうち日出国に帰ったらただの人間だよ」( ゚д゚)、ペッ

ちゅうさん村の母親「げんちゃん村の子とは遊んではいけませんよ! 彼らは何をしでかすかわかない危険な子なのよ!」( ゚д゚)


しかし、げんちゃん村の住人は本当はちゅうさん村の生活に憧れているのだった。

げんちゃん村の娘「わたし結婚するなら絶対にちゅうさん村の人がいい! げんちゃん村の人?絶対無理、もう貧乏は嫌なの」(*´∀`)


娘は親に隠れて、ちゅうさん村の若者と夜な夜な婚活に励むのだが、げんちゃん村の若者はどうしたらいいのか?

娘は結婚してちゅうさん村に入れるが、男にはそんな道はない。

合言葉がサバーイサバーイなので、ある男はそんなこと気にせず、微笑みの国の生活をエンジョイする。

ある男は、文句を言いながらもちゅうさん村の若者の下で働き、いつかちゅうさん村に入れると信じて頑張る。

ある男はこんなげんちゃん村の生活が馬鹿らしくなって、日出国へ帰る。

ある男はちゅうさん村の住人がいない、ファラン村や微笑の国の村で生活する。

ある男はげんちゃん村から抜け出し、自分一人の力で生きている。


げんちゃん村の人間はちゅうさん村の人間には一生勝てないのか・・・・(´Д⊂

いやそんなことはない!

げんちゃん村の中の若者の中には、ちゅうさん村の若者に負けないのもいるのも事実だった。


ある年のげんちゃん村とちゅうさん村の統一村長選で、はじめてげんちゃん村の青年が選ばれた!

このげんちゃん村の青年は、げんちゃん村をちゅうさん村と同じくらいの水準の生活ができるようにするという、マニフェストを掲げていた、さらにちゅうさん村の負担を減らすためにげんちゃん村のレベルを上げるというマニフェストを掲げ、両村から支持を得たのだった。


そしてこの青年が実行した政策は、げんちゃん村に入るための審査を設けたのだった

学歴、日出国での職歴、村に入りたい動機などを面接した、その結果かなりの村民が日出国に強制送還されることになったが、残った村民の収入はちゅうさん村とほぼ同じにまで上がり皆喜んだ。

そしてさらに数年後

げんちゃん村とちゅうさん村とかつて呼ばれていた場所はなくなっていた、あるのは統一されたイープン村である。


ちゅうさん村の住人はもともと微笑みの国での生活を望んでいないものが多かったので、レベルが上がったげんちゃん村の若者に仕事を任せて帰ってしまったのだった。

そのため、日出国も無駄な経費がかからず、しかも安定した仕事を微笑みの国ですることが可能となった。

これでめでたしめでたしかと思いきや、

ハッピーになっていない人達がいた、そうげんちゃん村を追われ強制送還になった村民である

彼らは今どこに...

風の噂では、第二の微笑みの国でげんちゃん村を作って住んでいるそうだが...

おしまい...

日本でカードを作るなら楽天カードがお勧めです、年会費は永久に無料で海外旅行保険が付いてくる!

もういちいち、海外旅行保険をかける必要なしです。
↓       ↓       ↓




【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】



Byホームページ作りなら【格安ホームページ】 自分のホームページが49,000円ぽっきりでもてます。WORD PRESSで自分で更新も簡単!



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

あんな人になりたい! | トップページへ戻る | タイでは大切なゴルフ活動

このページのトップに戻る

コメント

二つの村

まさに社会の縮図を見ているような気がしますね。
ファラン村の場合、老後になると海浜地域にまた別の村を形成しますね。
「リッチげんちゃん村」とかw

No title

泰之助さん>リッチげんちゃん村!で老後を過ごしたいですねw 毎日毎日、楽しいんでしょうね、もう頭がボケることも気にしなくていいんですもんね、頑張ります。

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク