トップ  >  タイに移住  >  タイにロングステイできない人、できる人

タイにロングステイできない人、できる人

2011年03月10日

募金箱【在タイ日本人の方へ】

東北地方太平洋沖地震の被災者への募金箱が、
エンポリアムのすべてのサービスカウンターに設置されました。
母国、日本のために何かしたいと思われている方是非利用ください!




タイは定年後にロングステイを希望する人に人気の国である(・∀・)イイ!!

理由としては

物価の安さ、タイ人は比較的日本人に友好的であること、タイのお姉ちゃんやお兄ちゃんが魅力的などなどあります。 

しかし、実際に移住してこられて、数年で日本へ帰国する人も多いと聞きます(´Д⊂ モウダメポ
※なんか現地採用と同じですね

その多くの人が、聞いていたことと違っていたと言われます、中にはロングステイをするために仲介してくれた会社や個人の人に騙されたなどという話も多く聞きます。

ではタイはロングステイに向いていないのかと言えば向いていると思います、ただ移住してこられる人によることが多いと思います。
実際僕の両親はタイでは生活できないと思います、もしできるのならばすぐにでも呼んで一緒に住みたいと何度も考えたのですが無理です、きっとタイが嫌いになって帰国するタイプです。

なぜ僕がそう思うかというと

タイの暑さはやはり半端無いです、数時間外を歩くと汗がびっしょり、高齢者には辛い気候でしょう。
特に僕の親父は夏暑いのでゴルフに行かないという人なので、タイだと行けないでしょう。

語学ができないので、いつまでたっても外国人、ですからご飯を食べに行っても、タクシーに乗っても常にボッタクリ(外国人)料金になってしまいます、長くいると騙されていると気づくだけにストレスになると思います。

タイの道は危険がいっぱいです、高齢の両親がちょっとセブンイレブンへいって来るってだけでも心配です。

両親はたまのタイ料理だったらいいですが、基本日本料理を好みます、自炊や日本料理屋で食べればいいですが、それもやはり1人で行かすのは心配ですね。

その他いろいろありますが、未だに親をタイに呼ぶ決心はつかないです。

ではどのような人が、第二の人生としてタイでロングステイを楽しむことができるのか?
こないだあるフリーペーパーを読んでいて、その通りだと思う条件が書いてありました。

①タイで働いた経験があること
②タイ人のパートナーがいて、土地があること
③楽しみを見いだしている。
④安定した収入(年金)がある


以上のように書いてありました。

①タイで働いた経験があることによって、タイ人気質を知り、タイでの生活の経験があるということでしょう。

②としては配偶者以外にも、昔働いていた時に知り合った信用できるタイ人でもいいと思います、実際僕は今のBOSSだったら信用に十分足ると思っています。
また土地を持つというよりも、住居をもつということでもいいと思います。 家賃を毎月支払うよりもロングステイするならばお得なこと間違いなしですから。


③楽しみについては、できればお姉ちゃんとかお兄ちゃん系だけでなく、ゴルフや料理など日本人の友達が作れるものをお勧めします。
フリーペーパーにのっていた方は、日本の野菜を栽培したり、池を作って魚を育てそれを釣ったりして自給自足プラス余った分を販売していたりされています。

④貯蓄を切り崩していくというのやはり良くないと思います、貯蓄はやはり万が一のためにとっておいて、定期収入があるとほんと安心ですね。

僕はこの4項目に加えてあと一つ(・∀・)

⑤タイ語がある程度できること 付け加えたいと思います。

仕事をしているときは英語でも良かったかもしれませんが、ロングステイするならばやはり現地の母国語を知る必要があります。 英語では一部のタイ人としか話せませんが、タイ語だとほとんどのタイ人と話すことができます。

レベルも挨拶レベルでなく、自分でタイの役所にでかけて用事を済ませるレベルにはなりたいですね

タイで生活を実際したことがなく、定年後移住を考えている方、甘い勧誘には気をつけてください( ゚Д゚)キケンガイッパイ


次回、タイ人と結婚して早期退職してタイにやってきたが...


3ヵ月以内の旅行ならば、無料で海外保険に入ることができる海外旅行保険付き楽天カードは年会費は永久に無料です。 とりあえず作っておいて損はしないですよ。
↓    ↓    ↓



【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】







バンコクのホテルを格安予約【ホテルクラブ】




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

頑張ってください日本! | トップページへ戻る | あまり上品でないタイ語

このページのトップに戻る

コメント

第2のふるさと

完全移住は考え難いですね。 確かに日本には無い良いところがいっぱい有りますが、 本当の安らぎは日本での生活にあると思います。
私は割り切って、ゴルフなどを楽しむための別荘地くらいに考えてます。 タイに家もあり、タイ妻との間の子どももいますが、まるで通い婚みたいな生活をしています。 
ただ子どもの成長につれ、考えが変わるかもしれませんが。

なるほど…

毎回(´゚ω゚`)
勉強になります!
一儲けしてタイに移住だぁ!
ヽ(゚∀゚)人(゚∀゚)ノ
なんて浮き足立っていましたが
現実いろいろありますね…

No title

ロングステイでも、日本人が日本人を騙した話を聞きました。
「外国に住んでる日本人」というだけで信用してしまうのは盲点なんでしょうか。

コメントの編集

Re: 第2のふるさと

たかやんさん>コメントありがとうございます。
たかやんさんのような生活をされている方を何人か知っています。
日本にも家庭があるのでしょうか? 
あるとしたら、最後までしっかりと見てあげてください。

Re: なるほど…

モケさん>毎回、読んでくださいありがとうございます。
遊びに来るのと、生活するのも違います。 一儲けして1年くらいお試しステイするのも手かもしれませんねw

Re: No title

ニヤーイさん>日本人が日本人を騙す、これが外国ではとても多いと思います。
会社として広告を出しているロングステイ紹介会社が平気で騙したりしています。
一度、電話したことがありますが、広告にのっていた住所に会社はありませんでした...怖い。

心配ありません

タオさん、タイの奥さんとが正真正銘の初婚ですので大丈夫です。 ただ、時々私だけ日本に一時帰国して子育てから避難して、骨休めしてます。
将来どちらに住むかは考慮中です。

Re: 心配ありません

たかやんさん>失礼な詮索でした、申し訳ございません。 私が知っている方二重生活の方たちとは違いましたw
私は結構タイの生活が向いているようで、最近はタイもしくは第3国で骨を埋める覚悟ですw

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク