トップ  >  タイで活きる  >  タイの政治問題

タイの政治問題

2011年05月12日

タイではもうすぐ総選挙が行われる、民主与党とタクシン派野党の実質2大政党の対決となる。

【タイの政党の選挙前評価】

前評価をみると、タクシン派野党の方が優れていると国民は評価しているようですね

民主与党は、タクシンは悪者というイメージを作っておりますが、実は民主与党は正式な選挙でタクシン派に勝ったことがないのである。

選挙で負けたら、タクシン派が不正をしたとか言いがかりをつけて、また再選挙に持ち込み更に負けるといったことを繰り返していた、いいかげん選挙で勝てないから遂にクーデターを起こして政権を奪取したのである。
空港を閉鎖したのも民主党派であることを忘れてはいけない。

僕から言わせればば、民主党こそ悪である(`д´)

タクシン派は常に国民から支持されていたが、旧貴族からは煙がられていた。
今まで何もせずに高い地位にいた人たちが、タクシンという実力をもった人が現れたことで利権を失うのではないかと怯えて、追い出しちゃったのである。

僕のBOSSが言うには

タクシンは悪いこと(自分の金儲け)もしたが、国民に対してよいこともいっぱいした、民主党(旧貴族)は悪いことしかしないと言っている。

良いこともしようとしているのだが、たぶん能力的にできないのだと僕は思う、それだけタクシンとの能力に差がある。

タクシンと常に党首として戦ってきた現在の首相アピシット、最近僕は彼がかわいそうになってきた。
彼はハーバードオックスフォード大学を主席で卒業して、若くして民主党の党首になった実力者しかし、その若さで党首までに上り詰めるにはかなり旧貴族たちの助成があったに違いない。
旧貴族からすれば、顔の良い操り人形にしようと思っていたのであろうが、実際はなかなかそうはいかないようだ。
自身もタクシンに代わって首相になりたいという野望もあったと思うが、最近は自分がやらないと誰もやらないから踏ん張っているという印象、しかも旧貴族を言うことを100%聞かないのでアピシット降ろし的なこともささやかれている。

更に、今でもタイで絶大的な支持をうけるタイのカリスマ、プミポン国王の容態が思わしくないこと、その世継ぎがしっかりと決まっていないことが政局不安を煽る。

こんな背景で行われる、クーデター後はじめての総選挙、どちらが勝とうがまたもめることは必至である



3ヵ月以内の旅行ならば、無料で海外保険に入ることができる海外旅行保険付き楽天カードは年会費は永久に無料です。 とりあえず作っておいて損はしないですよ。
↓    ↓    ↓



【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

ホリエモン捕まっちゃった! | トップページへ戻る | ゴマスリって意味のタイ語

このページのトップに戻る

コメント

オックスフォード卒では?

アピシット首相はイギリスのオックスフォード卒ではなかったと思いますが。
それにしてもアピシット民主党は本当に人気がないですね。 
彼が登場した当初は私も新しい風を期待したのですが残念です。

Re: オックスフォード卒では?

たかやんさん>あっ失礼しました。
オックスフォードなんですね、勘違いしていました。 ありがとうございます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク