トップ  >  タイの危険なこと  >  駄目だしされるそば屋...

駄目だしされるそば屋...

2012年07月03日

【駄目なオーナーの店は何もかもがだめ】の続きです。

僕個人としては一回こんな目にあった店は絶対に行かないのですが、たまたま選ばれたお店がこのN店でした。

一応、前回の話を少しだけお伝えはしたのですが、今回の立場上、場所を変更してくださいといったとしたら僕がわがままと思われるのも嫌なので、皆さんも体験してもらってもいいかなと思いました、もしも、もしもですが改善されていたらそれはそれでOKですもんね。

ということで、N店にGO!

はい、到着です

今回は初めてお会いする人が大半で、予約をしていただいた方も会ったことがありません。

店について日本人の店員に「〇〇さんの予約で、7時からです」というと2階に通された...後に分かったんですが、この時〇〇さんはカウンターに座られていて、〇〇さんの予約と言った時点で気づいてほしかったという軽いジャブがありました。

そして、皆さん集まって 先ずはビールです

生ビール! ください( ・∀・)つウマイビール

店員「ないです」

壁には生ビールの美味しそうなポスターがこれでもかって貼ってありますが...('A`)
※その日は花金でした...

仕方がないので瓶ビール もちろんタイならビアシン!( ・∀・)つヒエタビアシン

そしてやってきたビアシンは常温...常温のビールに氷入れて飲んだらそれはほとんど黄色い水ですやん...

( ゚д゚)ワイルドダロ



お客に冷えていませんが宜しいでしょうか?の確認なしにどんどん開ける従業員...

僕はこの時点では全く怒ってないですよ、だってこの店なら当たり前ですもん...

この時点で、他の方からは不満がブーブー( ゚д゚)オカシクナイ?

この常温ビアシンが後にまでネタになることは、この時点では僕には予想できていなかった...

そしてこのタイミングで挨拶に来るこの店のオーナー

僕はあんまり見ていなかったのですが、一緒に飲んでいた人が

あの格好で飲食店しているのが駄目だと言う 短パンにTシャツその辺りの観光客みたいな格好...

皆さん見るところが違うんだな~と1人感心していました...
※この方も職業柄、ビジネスマンには見えないんですが、立場というものを重視されるんだと思いました。
後にしっかりした日本食屋に行った時に注意して見ていたら、皆さんシェフの方は作業着、オーナーならそれらしいしっかりした服装をしていますね...



オーナーに生ビールがないこと、ビールが冷えていないことを伝えても、へらへらすみませーんって言うだけ...

歩いて5分くらいにスーパーマーケットがあるので、買ってきたら?って提案しても、アサヒとハイネケンなら冷えていますよとのこと...

まーこんなもんでしょ...


更にこの店名物の鶏のつくね(フリーペーパーにも載っていたそうである)を注文したら...

ありません...

なんで? 

鶏肉と豚肉間違って買ってきちゃいました...

だからそこにスーパーマーケットがあるでしょうにという突っ込みも入りながら時間が過ぎていく...

そして皆さん一応名物のソバを頼まれた、ソバは手打ちではなく日本から乾麺を入れているようですが、それを名物と言っちゃうオーナーがすごい!

僕はこういった店ではあんまりつまみを食べません、たいして美味しくないものに金を払い、あんなオーナーの儲けになると思っただけで食欲がわかないので、トマトとチーズをチョビチョビ食べながら黄色い水(薄まったビール)を飲み続けていました。

相変わらず店員は2階にはいないので何かあるたびに僕は階段のところまで店員を呼びに行った...一番年下なんで当たり前です。従業員がいないことも予想していたので怒ってもいません...

そして会計の時、僕が会計を呼びにいっても全然来てくれないので、席に備え付けられているベルを1回ならして待っていても誰もこない...反応なし...

もう一回鳴らしてみる...

やっと階段を上がってきた従業員...

従業員「一回で分かるし!」って不機嫌な顔でタイ語で文句言っていました。 

僕タイ語分かるし...( ゚д゚)アリャリャ


これには本日はじめて少しむかつきました...でもすこーしです。

そして会計の時、オーナーではないですがそこで働いている日本人にみんなの不満が爆発


生ビールない、冷えていないビアシンを出す それでも居酒屋か!


※こんな時オーナーが出てくるのが普通ですが、オーナーは全く出てきませんでした...




ねっねっ? 駄目だったでしょこの店(´ー`)

百聞は一見にしかずですよね...共感できてちょっとうれしかったのは内緒の話...

でも次誰かがこの店を選んだら、ちょっと拒否権を発動させてみようと思うのでした。


あっそういえばまた名物のそば食べてないな~ というかもう食べないけど



最後にマジなコメントをすると

なんでも完璧にできる人なんていません、飲食店も工場も同じです。 周りが悪い点を注意してくれることは良いことです、改善できますからね。 何も言わずに帰っちゃう人の方が多いです、クレーマーもいますが、店を一緒に育てるのはお客様ですから、育ててあげたいと思われるオーナーになれるかどうかがポイントですね。 注意されたことを真摯に受け止め改善することです。

僕はお客さんが僕の会社の悪いところを指摘してくれるとありがたいです、そんなお客様は改善すると益々贔屓にしてくれますし、そしてなにより会社のレベルが上がりますから。


3ヵ月以内の旅行ならば、無料で海外保険に入ることができる海外旅行保険付き楽天カードは年会費は永久に無料です。 とりあえず作っておいて損はしないですよ。
↓    ↓    ↓



【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】

新感覚!一発入力で留学の資料

請求が最大6社から届きます!

こんなサイト見たことない!!

留学Style!
↓    ↓




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

日本にいるのにタイ化? | トップページへ戻る | 駄目なオーナーの飲食店は何もかもいけていない...

このページのトップに戻る

コメント

こんばんは

そのような名店は後学の為にも是非、店名を公開して頂きたいです。
ぬるいビアシン良いですね~
お腹を壊さない様にと、お客様に気を遣ってるのでしょうなあww
こりゃまいった
( ゜ω゜)> ピシャッ

コメントの編集

Re: タイトルなし

とらさん>こんばんは。

すでにツイッター上だと名前がでちゃっていますねw

そばが名物の〇〇Qという名前の店です。

〇〇に名物の料理名を入れると店名が完成しますw

氷で薄まったビアシン、ありゃ~まずいっすね...BAR BEERでも冷えてないときは、冷えてないよって行ってくるし、冷えたのほしいといえばFOODLANDとかで買ってくるのに...


どもども

早速ググってみたら出ましたよS〇BA球のブログ?w
何やら昨夜「L'Arc~en~Cielのhyde君が来店しましたー」
とか誇らしげに書いてますね。
タイの女優やらも何かの間違えで入店してしまったらしく、その度に実名で書いてホルホルしちゃってるみたいです。

小雨が降ってたら生ビールが一杯無料なんですって。
タオさんが行った時、雨降ってたんじゃ無いですか?
品切れならサービス出来ないですもんねw

コメントの編集

Re: タイトルなし

とらさん>そーなんですよ!
雨が降ったら生ビール1杯ってサービス、実は入店するとき雨降っていました...

なんか有名人とかに弱そうな人でした...残念ですがどうしようもならない店だと思います...

ヒドイ店ですね~

遅くても今年には閉店ですかね!
(^∀^)


他の人はクレーム言ったんですね。
俺なら絶対に言わないです。
言っても無駄ですからー。
あと、早くつぶれてほしいので(笑)

コメントの編集

No title

はじめまして。
前回の日記より気になっており、
実名を公開したら覗いてみようと思ってました。
が、その価値も無さそうですね。
合掌

コメントの編集

No title

お邪魔します。

とらさんのコメントから私も検索してみました。
見た感じは普通そうですが・・・。

タイ人向けならビアシンは氷でも仕方ない気はしますが・・・。店員の態度からしてでもねぇ、って感じですね。

コメントの編集

Re: タイトルなし

4Keさん>僕も言わないですよ、理由は同じですw

ただでさえもバンコクの日本食は戦国時代ですからね...

無事に年はこえれませんよーにw(願い) 

Re: No title

yoshioさん>はじめまして、コメントありがとうございます。

行かないほうが正解です、あのオーナーの利益になると思うと腹立たしいですw

合掌 チーン

Re: No title

海外暮らしさん>こんにちは。

タイ人は冷えたビアシンに氷を入れるんです。
けっして常温のビアシンではありません、ローカルでもビアシン冷えていなかったら、買ってくるか、
ちゃんと聞いてきますよ。

ここのオーナーはタイ人以下と思われます...

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク