トップ  >  タイの危険なこと  >  怪しい日本人が寄ってくる

怪しい日本人が寄ってくる

2012年11月09日

以前の記事で【危険なのは同胞日本人】ってのを書きました。

今回は最近僕に寄ってきたちょっとヤバイと思った日本人の話です(;´Д`)

出会いは展示会でした、僕のブースにやってきたJさんという日本人、彼の商品の売り込みで僕のブースにやってきました。

話していると、Jさんは僕の会社にとても興味をもったようです、というのは彼のお客様で僕の会社の商品を探している人がいるので是非引き合わせたいということでした。


展示会が終わってすぐにアポイントをとってそのJさんのお客さんのところに行きました(・∀・)イイ!!


そのお客さんはすごく喜んでくれて、ほぼ僕の会社取引することが決まりました。


その帰り道、Jさんと近くまで一緒に歩いて帰っていると、

Jさん「今後こうやってタオさんのところの商品を紹介してもいいですか?」(゚Д゚ )ネーネー

断る理由もなく感謝の気持ちを伝えると

Jさん「まー今日は僕の会社の商品を買っていただくだけでいいですが、次回からは紹介料をください」

えっ?善意の紹介じゃないの?

僕らの業界は自分の会社にないものは、仲の良い会社を無料で紹介する、こんなこと当たり前

僕の持っている情報も含めて、お客様へのサービスだと思っているし、紹介なんてお互い様だしね。


タオ「じゃーJさんの会社と契約して代理店契約をするってことですか?」

Jさんの会社は有名な日系企業、そこの現地採用のJさんです

Jさん「いや、会社には言わないでください、僕の嫁はタイ人で嫁名義の会社があります、そこに振り込んでください」( ´д)ヒソ

一応話を聞こうと思って

タオ「では物流は? 商流は? 奥さんの会社から弊社は注文をもらうということでいいですか?」

Jさん「いえ、商品の説明とか発注とかできないので、物流、商流は直接やってください、売り上げに対して5%くらい紹介料を振り込んでください」

じゃ~商談は? 追加で発注をしてもらった商品に関しては?

もうめちゃくちゃな話になってきている...

Jさん「じゃ~紹介1回いくらという固定料金でいかがですか?」

タオ「あーそうですね、考えておきます...」

Jさんバイト代が欲しくて必死です、もっと自分の会社の商品を売り上げて給料上げてもらおうよ...

怖いので今回の借りは返しておこうとしばらくしてJさんの会社に、今回紹介してもらった料として発注しておきました。

こういった人って結構多いんです...


僕はあんまり個人の人と商売はしないようにしています、会社から要らぬ疑いをかけられる原因になりますから...



3ヵ月以内の旅行ならば、無料で海外保険に入ることができる海外旅行保険付き楽天カードは年会費は永久に無料です。 とりあえず作っておいて損はしないですよ。
↓    ↓    ↓



【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】

新感覚!一発入力で留学の資料

請求が最大6社から届きます!

こんなサイト見たことない!!

留学Style!
↓    ↓




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

部下と飲みに行くときの会計 | トップページへ戻る | ある日の朝思うこと...

このページのトップに戻る

コメント

おはようございます

実際のところ、その手の内職が会社にバレたらどれくらい怒られるんですか?
私の場合は下手すりゃ免職です。
多分隠蔽するとは思いますがw 腐ってますから

コメントの編集

Re: タイトルなし

とらさん>おはようございます。

会社のお金を盗んだりしたわけじゃないので、タイ人だったらスタンダードですね。
僕の部下でも副業をしている人は結構いますから、本業に支障がなかったらOKです、ただ勤務時間内に副業をしているとちょっとまずいですが、多くのタイ企業は解雇には至らないです。

日系だとちょっとまずいんじゃないでしょうか? この方は現地採用なので下手をすると解雇になっちゃうかもしれませんね。 でも副業の方が大切そうな人でした。

こんにちは

自分がまだ会社の契約行為に携わって間なしの頃に、同様の話を持ちかけられた事があります。(;´д`)

社長に、ありのまま相談すると「そうなの?わしが対応しておくよ!」と振込ではなく、相手の事務所まで現金持参で挨拶がてら手渡しに行きました。会社名入りの領収書に収入印紙まで貼ったのを同封して…( ̄▽ ̄;)

相手の方とはその後、仕事の話はしますが請負金額の話しには出て来なくなったのか出てこれなくなったのか…

いずれにせよ気まずい間柄になったのは言うまでもありません。

本人は小銭を得る事が出来るかもしれませんが、周りは迷惑でしかありません!その方に善意で何かをしてあげようとも思いません。会社同士が支払いでトラブルがあった場合にその人が対応対処出来るなら話しは別ですが…

お金で築いた関係って何よりも薄っぺらい気がします。

No title

おひさしぶりで!
最近 悲しいことにこの手の方が僕の回りにも増えてきました。やはり不景気のせいでしょうかね。営業の方達も口々に、良い話が何もない。と言われるのでなぜか仕事以外の話に変わっていってしまいます。

Re: こんにちは

うごるさん>こんにちは、それはやってやりましたね!
僕もこの手の人たちは好きになれません、なんだか簡単にこんなことができる環境なんでしょうね。

ちょっと話は違いますが、バンコクの居酒屋では金額の書いていない領収書を出すところもあります。
そんなことやって手に入れたお金って思いますが、どんどん感覚が麻痺していくんでしょうね。

駐在員が数年で日本に帰国させる理由に不正をさせないこという会社も多いです。

Re: No title

Kmさん>こんにちは、コメントありがとうございます。

そういった人たちって集まって何か副業できないかって話していますよね。

確かに日本人は管理職とかが多いので、個人の経営者と組むと色々出来ちゃいますよね。

癒着、キックバック、要らない商流をわざわざ作るなどなど...

No title

昔のアメリカみたいですねえ。日本人浪人やレバ・シリが跳梁跋扈していた時代の話です。紹介料を寄こせ、いやそんなはずではなかった、ということで日本人駐在員が結構、嵌められていました。
finder's feeというのですが、1955年に「XX会社を紹介したから金を払え」と1999年に請求してきた輩もいました。勤務先ではこの種の口利き、紹介については必ず契約書化していましたが、さすがに1955年頃はそこまで気が回っていませんでした。なお、ご要望があればどのようなことを取り決めたらよいかをお教えします。

コメントの編集

Re: No title

Pさん>すごいですね、アメリカでもそのようなことがあったんですね。
確かに昔だとどこの国の駐在員も苦労されたと思います、その中で日本のブランドを作った先輩方に尊敬と感謝の意です。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク