トップ  >  タイで活きる  >  時間に遅れる人 むかつくシリーズ

時間に遅れる人 むかつくシリーズ

2013年10月31日

いや~最近むかつくことが多いタオでございますヽ(`Д´)ノウワァァァン

切れやすいおっさんになってきているのかもしれませんね。

いっぱいありすぎて、シリーズで書いちゃいます。 たぶん4-5回くらいヽ( ・∀・)ノ


1回目は時間に遅れる奴!

僕は時間を守らない奴が大嫌いです、個人的にもビジネスでもお付き合を遠慮させていただきます。

渋滞地獄のバンコクですから、時間が正確にはわからないのは理解していますが、数分遅れるにしても連絡を入れることは簡単ですし、1時間も2時間も遅れるのは交通渋滞のせいではないですからね。

僕は12年タイで仕事をしていますが、30分以上遅れた事は途中で事故にあった時、1回だけです。
通常は20分前には現地についています。 この遅れた時も約束の1時間前には連絡を入れています。
結局交通渋滞って言ってもある程度予想ができるので、30分ほど余裕を見ていれば遅れることはほとんどないでしょう。


それでも遅れてくる日本人営業編


Nさんの場合

古い業者の新しい駐在員で挨拶に来たいとタイ人スタッフに連絡があった。
そもそも前任と引継ぎができていないのが問題なのだが、10時30分に会う約束をしました。

10時45分になっても来られません、タイ人スタッフに聞いても連絡なし。

20分遅れでやって来られたようですが、僕は次の会議を前倒しで始めていたので会いませんでした。
だってあとどれくらい待たないといけないか分りませんもん。
※連絡してあと10分とか言ってくれたらいいんですけどね。

結局タイ人スタッフが商談に出たのですが、相手はタイ語ができないので意味不明、サンプルを大量に置いていかれましたが、何か分らないので放置されています...タイ人スタッフ「業者を替えていいですか?」


Oさんの場合

大手商社のある事業部のOさん、僕と取引のある別の事業部から紹介されてアポをとりました。

9時30分の約束だったんですが、着かれたのは11時30分...
一応、9時過ぎに連絡はあったのですが遅れすぎやろ...向こうからこちらまで1時間半の距離なんでありえません。

でも取引のある商社の別部門のOさん、蔑ろにはできないので12時には外出するので、20分だけということで商談をしました。

商品説明が終わって、僕からの質問タオ「ローカルから買うのに比べて御社から買うメリットはなんですか?」
※この商品はローカルでもかなりのメーカーが扱っているものだったから


Oさん「はい、納期など絶対に遅れないので安心できます」


お前が言うな!(゚Д゚)ハァ?


Mさんの場合

こちらは日本の機械メーカー、出張ベースの日本人だったので、タイ人がアポを取ってきました。

10時30分の約束が、11時30分到着。 一応タイ人から、車が故障したと連絡があったようですが、100%嘘です。 これはタイ人の良く使ういい訳です。

日本人のMさん、商談が始まっても遅れてきたことを一切謝罪しません。


Mさん「御社のホームページを見て来ました、御社は日系ですか? 今どこから買われていますか? 次購入する予定はありますか?」

プチーン!(゚Д゚)ハァ?

タオ「ホームページにも書いてある通り、弊社はタイ企業です! どこから買っているかは言えません!次の購入時期は今です!」


タオ「弊社への質問ばかりですが、御社の商品説明していただけませんか? 10時30分のお約束だったので12時から予定が入っております、あと10分しか時間が取れませんよ!」(゚д゚)オラ


急いで商品説明をしだしましたが、僕はほぼ聞いていませんでした。

日本への出張報告のことばかり考えて、客のことは一切考えていない最低な営業でした。


時間を守らない奴 大嫌いです( ゚д゚)、ペッ


一事が万事という言葉が当てはまりますね、時間を守らない奴は何も守れませんわ。


次回も怒れるタオ


ANA JCBカードなら、使うたびにマイルがもらえる。
入会マイルももらえるお得なクレジットカード!!
↓     ↓      ↓





無料で海外保険に入ることができる海外旅行保険付き楽天カードは年会費は永久に無料です。 とりあえず作っておいて損はしないですよ。
↓    ↓    ↓




【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ

タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ


スポンサーサイト

恩をなんとも思ってない奴編 怒るシリーズ | トップページへ戻る | タイ語ができない日本人

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク