トップ  >  タイの危険なこと  >  バンコクシャットダウン

バンコクシャットダウン

2014年01月11日

去年から続いている反タクシン(反政府)のデモがかなり厄介なことになってきました。

今後ややこしいので、政府と反政府とします。

今の状況は政府側は解散総選挙をするというところまで妥協していますが、反政府側は選挙はせず、先ずは一般市民から選んだ人達で議会を開き、選挙が正常に行われるよう法整備をしてから選挙をすること、またタクシン側の議員が選挙に出馬しないことを条件としてデモを続けています。

もし今総選挙が行われたら、また現政府が圧勝することが分っているからです。

反政府側は今まで何度も選挙で挑みましたが、一度も勝ったことがありません。


その度にデモを起こすわけです。 記憶に新しいのは空港占拠ですね。

3年ほど前に、セントラルワールドが燃えた際のデモは政府側だったんですが、こちらはクーデターで政権をとった反政府側がいつまでたっても選挙をしないのでデモが起こったというわけです。 
選挙で選ばれた政府を倒すためのデモではありませんでした。


今の政府は選挙で選ばれたのに、おかしな話です。
法整備? クーデーターで政権をとった2年近くの間に何もしなかったんですかね?

僕はどちら側の主張が正しいかということはここでは書きませんが、選挙で国民から選ばれた政府をデモやクーデターで倒すということだけは間違っていると思います。


勝負は選挙ですればいいのです。

ゲームで勝負して、何度も負けて、このゲームでは勝てないからこのゲームはしないって子供と同じじゃないですか?

どんな手段を使っても選挙で勝てばいいのにね。


と外国人の僕では何もできないのですが、13日は久しぶりに本当に危険な日になる可能性があります。

バンコクの主要交差点にステージを作り、一般車両の通行を禁止すると言っています。
これを反政府側はバンコクシャットダウンと呼んでいます


場所はこちらを参照してください→【主要交差点】

1日だけということではなく、政府側がすべて要求をのむまでと宣言しています。

これでタイの経済状況はかなり悪化するでしょう、またタクシーや観光業などかなりの人の生活に影響がでるでしょう。

かなり有力なタイ人の方にこの先のことを聞いても、皆さんわからないと答えられます。


・政府側が強制排除する

・クーデターが起こって政府が倒される

・このままの状況が続き、政府側の支援者赤シャツが出てきて暴動が起こる

・反政府のリーダーが暗殺されて一旦解散となる



何が起こるか...

皆さん気をつけてください。





にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ

タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ


スポンサーサイト

バンコクのデモ  | トップページへ戻る | タイの感動CM 愛の沈黙編

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク