トップ  >  タイで活きる  >  タイの高給現地採用

タイの高給現地採用

2014年05月16日

前回は【タイで求人した結果 現状】を簡単に書きましたが、実際タイの現地採用で高給の人っているの?ってことですよね。

僕の知り合いにも結構おられます。

では高給ってどれくらいからなんでしょう?

単純に円で考えて1千万円もらっていたらタイでも絶対に高給なんじゃないでしょうか?

日本で年収が1千万円を超える割合は全体で3.8%、男性で5.8%、女性で0.8%とあります。日本でも高給と言えますね。
※年収ラボより

じゃあ、タイで一千万円というと年収340万バーツくらいです。 ずばりそういう人はいます。

これくらいもらっている人の役職はほとんどが社長職ですね。
うちのグループの子会社の社長職もタイ人、日本人関わらず、黒字会社はこれくらいはもらっています。

社長職ならば逆にそれくらいもらわないと合わないんじゃないかと思いますが...



また商社の駐在員ならば、30代でも一千万円は手当てなどを含めるともらっているため、この商社の方と同じ、もしくはそれ以上の結果を出している人は、この給料をもらうことができます。
僕のグループに元商社の方が何人かおられますが、年収は転職しても下がっていないはずです。※本人談


他には建設業や自動車の技術者で日本からわざわざ呼んで来られた方も月に40万バーツくらい出ているとよく耳にします。


現地採用だから、みんなが給料が安いというのは間違いです。 確立はともかく実際にもらっている人はいます。


1千万円なんて多すぎてよく分からん! 

ですよね、では日本の平均年収をタイでもらっていたらそれはまぁいいんじゃないでしょうか?

日本の平均年収は平成24年で408万円ってデータがありました。 年々落ちていますね....
※年収ラボより

これを1バーツ=3円でバーツに換算すると、136万バーツ ボーナスなしで考えたら月に11万3千バーツ程度、ボーナス2-3ヵ月で考えると、9ー10万バーツ/月です。


これくらいの給料ならばそれほど難しくありません。
僕のグループ会社の求人でも、これくらいの給料でオファーすることは結構あります。

ではどんな人がこれくらいの給料をもらえるのか?

それは、学歴? 職歴? 経験? 語学?


うーん、簡単に言うと、日本のしっかりした企業のレベルの仕事を、タイで実際にできる人なら、これくらいの給料をもらって当然なんじゃないでしょうか?
※どこをもってしっかりした企業というかは難しいですが、上場していたり、毎年新入社員を数十名採用するとか、給料が全国平均に達しているとかかなって思います。
他にこちらのサイト 年収リサーチに4000社の企業が登録されているそうですが、こういうのに登録されている会社というのが目安ではないでしょうか?
 

日本の企業のサラリーマンレベルは世界的に見ても高いです、先ず日本でしっかりした企業で働いていて、その経験をタイで活かせる方ならば、会社はこれくらいの給料は払います。


例えば日本で○○自動車の子会社の部品工場の開発職を8年(タイ駐在経験3年)やっていた人が、タイで同じような業界、業種で仕事を探せば、12万バーツくらいはどこでも出すと思います。 

だって、絶対できるじゃないですか? 駐在員を送るよりも安いですし、タイが好きでいるんだから帰さなくてもいいしって考える会社は多いでしょう。 そのうち、駐在員待遇になってずっとタイにおいてもらえるかもしれません。


知り合いの駐在員の技術職の方が、帰任とともに退職して、タイで転職されたんですが、待遇はほぼ駐在員時代と同じで、最終的(1年後くらい)には駐在員になられました。


この方も普通の日本スペックのサラリーマンです。


ちなみに僕も12年前にタイに来たときは26歳の普通のサラリーマンで技術職でしたが、内定をもらった半分くらいが駐在員待遇(結果次第)でした。

そこでコラートのアルカトラズを選んでしまって地獄の日々を送ったのですが、おかげでタイでの実績を作ることができたので、退職後にオファーをもらう際の待遇は駐在員待遇以上となりました。 
※知らない方は微笑みの国タイランドでの就職日記1話を読んでください!


普通の日本スペックのサラリーマンで、できれば技術者、そしてタイで実績がある方なら必ず評価されます(・∀・)イイ!!




【おまけ】

こんな記事を書いていたら、ちょうどブログでリンクをしている俺の嫁はタイ人@鬼嫁のヘタレ侍さんも駐在員を辞めてタイで転職されたようで、その待遇などを紹介されていました。 【現地採用でのお給料】

ヘタレ侍さん、日本スペックのサラリーマンで技術者、そして駐在員の実績が評価されたのでしょう。
営業職でこの待遇は結構良いほうだと思いましたが、技術営業としての活躍を期待されたのか、何より営業向きな人柄なんでしょうね。





にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ

タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

タイのクーデター! | トップページへ戻る | タイの現地採用の限界年齢

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク