トップ  >  タイで活きる  >  出来る人は努力してる!

出来る人は努力してる!

2014年06月27日

突然ですが、出来る人は努力しているのに出来ない人は努力しないですよね(゚∀゚)アヒャ

当たり前ですが、努力している人は出来る人になるわけで、努力していない人は出来ない人になるわけです。

僕は努力が出来るというのも能力なんだと思います。

例えば、タイ語

若い駐在員で仕事ができる人は赴任してすぐで忙しいにも関わらず、仕事が終わってからや土日の自分の時間を使ってタイ語の家庭教師などを雇って勉強して1年くらいで会社のタイ人スタッフとタイ語で意思疎通ができるようになっています。

一方出来ない人はタイ語を学ぼうとしないし、タイ語学校に行っても、2-3回で行かなくなったりする。
よって数年タイに住んでいたとしてもタイ語が出来ないままである。


仕事に関わる勉強

出来る人は、仕事時間外でも自分に役立つと思うことは積極的にやる(例えば市場調査や専門本の読書)が、出来ない人はオフになると一切仕事に関わることをしない。 完全に休暇モードになる。

出来る人は週明けからフルスロットルで仕事をこなせますが、出来ない人は先週何やっていたんだろうから始まります。



ゴルフ

タイでは人付き合いの手段としてゴルフは有効な手段である。 ただやったこともない人にとっては、最初は休みの日にしんどい目にあうだけのゴルフは苦痛でしょう。

ただ出来る人は、ゴルフが重要だと知るとすぐに道具をそろえて練習して、毎週のようにゴルフに積極的に参加する。
出来ない人は、できるだけゴルフをすることを避けて、最終的に上司などから強制的にやらされるが、練習やラウンドを積極的にしないので、結局下手なままでいつまでたっても苦痛なスポーツとなる。


こんな具合に、出来る人は努力をして最終的に出世をして、高収入と自分で時間を決められる立場になれる。
一方、努力しない人は、それなりの収入で一生人に使われる立場になる。



こんなこと多くの人が分かっているんだけど、なかなかできないんですよね。


出来たらみんな、一流大学を卒業して、一流企業に就職して、出世していますもんね。


ちょっとふと考えることがあって書いてみました....




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ

タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

タイの現地採用の現実 | トップページへ戻る | タイの人材紹介会社について2014年

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク