トップ  >  タイで活きる  >  タイで幸せに生活する最低収入

タイで幸せに生活する最低収入

2014年07月25日

こないだ現地採用の友達と飲みに行って、月にどれくらい生活費で使っている?って話題になり、住居費を除いて5-6万バーツという人が多かったです。

ちなみに僕もそれくらいです(・∀・)イイ!!

どれくらい収入があったら現地採用で生活していっても良いと思う?って話題になってそれは人それぞれだと思うって話になり、結局は我慢をせずに惨めな気分にならなければ良いレベルの収入があれば良いと思いました。

年齢によっても違いますし、既婚未婚、タイに来ている目的でも変わってくるでしょう。

若ければ少ない給料でも経験を積ませてもらっていると思えますし、独身だったら責任も少ないです。

年齢も35歳以上になり、結婚して永住する気ならばそれなりに責任も増えてきますね。


我慢をして惨めになるのと節約は違います。 

例えば、本当ならば住みたくない住居に住んでいる。 風呂好きだけど、湯船がないとか、NHKがみたいけど見れないとか。
日本食が食べたいのに、食べたくないタイ料理で我慢するとかです。

本来ならばこうしたいのに、タイに来たばっかりにできなくなったみたいなことが、惨めになる理由のひとつじゃないかなと思います....

以前こんなことがありました、駐在員の知り合いに誘われて行った飲み会の出来事です。

僕らの他は現地採用の男女5-6人が参加してました。

駐在員の方も一人を除いて初対面というメンバーでしたが、それなりに楽しい時間が過ごせました。

会計が近づいてくると

駐在員の知り合いは「タオさん、今日は僕とタオさんで支払おうと思うけどいい?」( ´∀`)って聞いてきました。

でも僕は女の子ばっかりだったら良いですけど、男性も3人くらいおられるのでそれは失礼だと思い、その意見を友達に言いましたが、駐在員の知り合いは「絶対にそんなこと思わないと思うよ、今日だって日本飯久しぶりだってがっついてじゃない、あいつら金ないって」って言いました。
※男性陣は僕らと同い年かちょっと上の人もいた。


結局知り合いが「今日は僕ら二人で払うから、皆さんは払わなくていいです」って言うと、

女の子はわーありがとう!ご馳走様~(*´∀`)って感じで、その横で、男性3名がご馳走様ですって頭下げているんですよね...._| ̄|○タスカリマス

この光景がほんと、今でも頭に残っているんです。

駐在員の知り合いの現地採用だから金がないから払ってやるって態度と

それを甘んじて受ける男性陣....



家に帰って惨めにならないんでしょうか? 

僕なら、金がなくて初対面の利害関係のない奴に恵んでもらうようなことはしたくないです。

またこんな風に支払ってあげたら、この男性達と友達にもなれないと思いました、実際その後連絡は取っていないです。

日本で初対面の同い年、年上の男性に、他の女性もいる前で食事を奢ってあげるなんてことないです。


タイで幸せに暮らすにはどれくらいの収入が必要?って記事でしたが、それは人それぞれでしょう。

月に20万バーツもらっていても、5万バーツだろうが、惨めにならない、惨めだと思われない生活を送れていたら幸せだと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ

タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

今日から再稼動! | トップページへ戻る | タイ語ができない現地採用

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク