トップ  >  タイに移住  >  日本人のビザ事情 2014 8月

日本人のビザ事情 2014 8月

2014年09月05日

下記のような記事が今日のタイねたで先週掲載されていました。

ここから記事のコピペ

現在、日本人がタイへ入国する際、ビザなしで30日間の滞在許可が与えられますが、低迷する観光業界支援の為、8月29日から日本を含む49ヶ国・地域のパスポート保有者は、これを30日間延長出来るようになります。

入国時に自動的に60日間の滞在許可が与えられるのではなく、入国管理局に延長申請する必要があり、手数料は1,900バーツ。

観光ビザ(60日間滞在可能)で入国した場合は、従来から現地で30日間の延長が出来ましたが(手数料1,900バーツ)、ビザなし入国の場合は延長不可、一旦、タイ国外へ出国するしかありませんでした。それが、現地で延長可能になるということみたいですね。

ここまで記事



先月から、ビザランをする外国人の取り締まりが厳しくなって、何度もビザなしで近隣諸国に出入りしているとタイに入れなくなるようになった。

実際知り合いでも、ドンムアン空港についてタイに入国できず、そのまま来た国に戻った人がいる。
空路でもこの厳しさなので、陸路だともっと厳しいだろうと予想する。

このビザランの取り締まりは、世界の犯罪者が潜伏しやすいバンコクを少しでも良くしようという試みの一つだと思われる。


またビザランをしている人は仕事をして税金をタイに納めているわけでもなく、どーんとお金を使う人も少ない。
こんな人は要らんとタイ王国は言っているのである(゚д゚)カネニンランヤツハイラン


僕はこのビザランの取り締まりがずっと厳しく続けばいいなと思っていた。 
以前にも180日以上タイにいると入国できないとかの法律が出来ては、しばらくすると誰も興味がなくなって消えていった....

最初だけ頑張るタイ人 今回はどれだけ続けられるのでしょうか.....

今回の記事はビザランが簡単になりますよって事ではないが、ビザなしで60日間は滞在できますよってことですが、ビザラン取締りと相反している部分がある法案です。

僕は思うのです、働いていない人、観光ビザでもない人、30日以上もタイで何してるの?

こんな外国人が多いから、犯罪者が潜伏しやすい都市って言われるですよ。


ビザなしで何度も出入りをしている外国人、労働許可証なしで働いている不法労働外国人

こんな某国の人が日本にもいっぱいいます。 そんな外国人を日本人は犯罪者を見る目でみますよね。



一部の日本人でタイで全く同じようなことをしている人がいますが、本人たちは犯罪を犯しているという自覚はなく、

平気で生活している人が多い、またそれを助けるビジネスまであるのがタイの日本人社会です....

実際に警察に捕まって1日牢屋にいたって話を平気で話している人がいますが、普通に生活していたら警察にごやっかいになることは絶対にありえません。

どん引きです...._| ̄|○コワイ

感覚が麻痺しているのでしょうね。 

日本人だけのことを言っているのではなく、犯罪者が少ない国になって欲しいです。

本当の意味の微笑みの国のタイランドになってくれることを祈っています....

難しいけどね。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ

タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

タイで頑張って良かったこと | トップページへ戻る | タオ38歳 反省すること

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク