トップ  >  タイで活きる  >  タイの給料が日本の初年給を超えた?!

タイの給料が日本の初年給を超えた?!

2015年04月03日

まだまだ円安バーツ高ですね、2015年3月で1バーツ3.7円くらいになっており。 過去10年では2007年に次いでの円安バーツ高です。

バーツで給料をもらっている人にとっては、日本円に給料換算した場合ちょっと高くなった気がしてうれしいものですが...
結局それってどうなんって事を最後に書きます。

さて最近タイトルのようにタイの給料が日本の初年給を超えた?! って記事を良く見かけます。

これってどうなのでしょう?

日本の初年給をちょっと調べてみました。

2013年度

高卒 164,000円 
大卒技術系 226,483円
大卒事務系 208、721円


タイの現地採用の最低給料 5万バーツ これを現在の為替で円換算すると185,000円

うーん、高卒の人の給料は超えているけど、大卒には届いていませんね。
※日本も所得税を引かれますが、タイでももちろん引かれます、5万バーツだと大体4千バーツくらいです。

これを見て、5万バーツの給料でタイに移住したほうが良いのか?って事ですが、

僕の考えは絶対にNOです。

理由の1つ目はタイの物価は上がってきています。

タイは年々物価があがってきています、食費は10年前の1.5倍~2倍、家賃も1.5倍くらいになって生活費があがってきています。
タイで日本人の生活をするのは結構お金がかかります、生活費5万バーツだとかなり大変です。

またタイ人の給料は物価に合わせて上がってきており、こちらも10年前に比べると平均して1.5倍くらいになっています。
※うちの会社は大卒だと1万5千バーツが初年給です。

一方日本人の最低給料は5万バーツのままですね....これだと物価だけが上がっている感じです。

理由の2つ目は将来の不安

タイ人は10年前に比べてどんどん優秀になってきています。 駄目な日本人よりも優秀なタイ人の方が仕事がはるかにできます、日本人を5万バーツで採用しても最低給料なのでモチベーションは低いですが、タイ人だととても喜んでもらって、おそらく辞める事はないでしょう。

日本人だから管理職だという時代ではなくなってきているのは確かです。

将来、優秀なタイ人が、日系でも管理職になっていくのは間違いないでしょう。

5万バーツくらいしか出してもらえない能力の日本人だと、将来はタイ人に職を奪われる可能性大です。


3つ目の理由は結局為替の影響

円安は今だけの事で、1バーツ 2.5円になることもあります。
その場合5万バーツだと125000円ということになります。


こんな数字の遊びに惑わされずに、冷静に判断してもらいたいですね。

僕はここ14年、生活の中では1バーツ 3円をスタンダードで計算しています。



【海外出張の航空券予約】24時間オンラインで空席照会・予約が可能です。






タイなど勤務地が海外の求人も結構あるリクナビ、駐在員案件をゲットするなら日本で求職するのが近道!
↓     ↓      ↓




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ

タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ




タイなど勤務地が海外の求人も結構あるリクナビ、駐在員案件をゲットするなら日本で求職するのが近道!
↓     ↓      ↓




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ

タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

バンコクで転職 | トップページへ戻る | タイで沈没する日本人

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク