トップ  >  タイで活きる  >  タイで友達を作る

タイで友達を作る

2016年10月05日

先日、駐在員の友達から、「将来的にタオさんどんどん年を取っていくと、駐在員との年齢差が大きくなって情報を仕入れにくくなるんじゃないですか?」って質問というか心配された。

そうですね、実際一番駐在員の人とコネクションが多かったのは30-35歳くらいの時だっと思います。
駐在員の方々と自分が同じ世代だった時ですね。

今はほどんどの駐在員が自分より年下なので、僕がサプライヤーの立場であっても相手が遠慮するような関係が多くなってしまいました。

ただ僕は心配していません、僕の部下が次の世代の社交場でコネクションを作っていけばよいと思っています(・∀・)イイ!!

僕の友達はそれでは、判断が遅くなったり、間違ったりしないかという事を言っていましたが、それは部下の力量なので僕も優秀な部下を育てるつもりだし、部下もそれにこたえてくれないと困ります。


まぁなんとかなるでしょう! ならなかったらおっさんになっても若い駐在員と飲み行けるように頑張りますよ!ヽ(゚∀゚)ノ



仕事以外でも外国に長く住んでいて、永住するつもりであればビジネス以外でも人間関係を考えることはあります。

駐在員は数年で帰国してしまいます、10年前に仲良かった駐在員はもうほとんどタイにいません。

駐在員はまたタイに戻ってくることはあまりないです、他の国に行くか日本に帰国する事がほとんどです。

仲良くなった人とは日本に帰った時や、タイに出張で来られる時は会いますが、日常では会えません。

海外で永く住むには友達がいるといないとでは全く違います。

絶対に友達はいた方が良いです。

今の僕の友達は、年齢は下は5つくらい、上は12歳くらいまで、そして現地採用もしくはタイで自営業をしている人が中心です。

現地採用といっても、ほとんどがタイ企業です。

また10年くらいすでにタイに住んでいて、これからもずっとタイで方がほとんどです。


ゴルフ仲間、飲み仲間、ビジネス仲間と色々います。

全部共有できる人は少ないですが、それで良いと思っています。

ずっとタイに住んでいるなと思える人とはやはり話が合います、共通の悩みなども話し合えるので助かります。

ただ外国で友達を作るのを焦っていけません、外国で一番気をつけないといけないのは近寄ってくる同胞です。

友達は焦らずゆっくり選んで、より充実したタイの生活を楽しんでください。



【旅費の一部を楽天カードで購入すると、海外保険がついてきます】
↓    ↓    ↓




【充実した海外保険、更には国内旅行保険がついてきます】
↓    ↓    ↓




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

プミポン国王を想う | トップページへ戻る | かなり我がままになってきた。

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク