トップ  >  タイに移住  >  タイの現地採用の生活?

タイの現地採用の生活?

2017年03月15日

久しぶりにこのタイトルの内容を書きます。

今までも何度も現地採用について書きましたが、今のタイでどんな生活が出来るのか今日は書きたいと思います。

日本人の最低賃金は5万バーツです。 一部のBOIを取得している会社や法律違反している会社以外は5万バーツ以上もらえます。

もし5万バーツもらえない会社に就職しようとしているのならはっきり言います、

止めましょう!( ゚Д゚)ヴォケ!

タイの法律で決められている5万バーツ(ボーナスなし)の収入があるという事で話を進めていきます。
先ず5万バーツだと年間に2万バーツくらいの税金がかかります。 社会保険なども引かれて手取りは大体4万8千バーツになります。


この収入の間だと生活費として一番大きいのは家賃ですね。

家賃 
日本人が住んでもストレスがないアパート、コンドだとBTSから少し離れたところで1万バーツ前後であります。
タイ人が住んでいるようなところだと5千バーツ前後でエアコン付でありますが、あまりお勧めしません。

お勧めしない理由。

うるさいし、隣人とのトラブルなども多いのも理由ですが、一番は日本人から馬鹿にされます。
どこに住んでいるの?って話になった時にいつか絶対に馬鹿にされたと思う時がくるはずです。

それでも気にならないならば、問題なしです(゚з゚)イインデネーノ?

食費 

毎食タイ料理ならば、飲み物やデザートも合わせて1日300バーツくらいで大丈夫だと思います。 

日本食だと1食300バーツくらい、お酒とかを飲みにいった場合1回1000バーツくらいが目安です。
日本食もピンきりで、1回飲みに行ったら1人3000バーツくらいするところもあります。

食費は人それぞれですが、タイ料理だけの生活をするのはお勧めしません。

理由は初心者が注文するタイ料理は油、砂糖、炭水化物が多く、毎日食べ続けると健康によくないです。

自炊するか適度に日本食を取り入れた方が良いです。

無理しないくらいに節約して、1万5千バーツくらい月に見ておけばいいかなと思います。


家賃と食費で2万5千バーツです、残り2万3千バーツですね。

残りは趣味、付き合い、衣服、娯楽でどれだけ使うかです。

タイ語、英語が話せなくて、海外で働いた事もない人が、他業種でタイで就職するならば最初はこんな生活がスタートです。

ここから自分の努力次第で給料が上がっていくと思います、5年後に10万バーツ以上になる人もいますが、結構難しいです。 
大体よくて7-8万バーツくらいではないでしょうか? 


そして何年勤続しても平のままでは15万以上になることは稀です。

15万バーツ以上になるには、最低でも支店長や工場長など数字に対して責任を持つ立場のポジションになる必要がありますね。

いかがでしょうか?

これでもタイで現地採用をしたいと思ったでしょうか?

僕が15年前に来たときは何も考えずにやってきて、色々と現実を知って悩んだものでした_| ̄|○ツライ

以上 僕が思う最近の現地採用の生活でした。


【旅費の一部を楽天カードで購入すると、海外保険がついてきます】
↓    ↓    ↓




【充実した海外保険、更には国内旅行保険がついてきます】
↓    ↓    ↓




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

タイ人の恋愛動画! | トップページへ戻る | 会社を辞められる人達

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク