FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  タイで活きる  >  自分がまさかの不安障害??

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬ思いから、これからの人生を変える。 | トップページへ戻る | 人生で初めて死ぬと覚悟した。

このページのトップに戻る

自分がまさかの不安障害??

2017年11月08日

前回の記事 【人生で初めて死を覚悟した】の続きです。

救急で運ばれた僕はすぐに診察をしてもらいましたが、疑われる病気の検査がすべてノーマルでした。
夜勤のちょっと綺麗な女医さんは、うーん帰りますか?って聞いてくるけど、これが何でもない訳がないので、入院させてくれとこちらからお願いして病室に案内されました。

朝になり、僕の主治医が部屋まで来てくださり、やはり何も問題がない事を説明されました。

きっと寝不足やストレスで一時的に過呼吸になってしまったんだという診断でした。

自身でも慢性的な寝不足は自覚があったし、別記事で【部下が横領した】時期でもあったので、そうなのかと納得して退院の手続きをする事にしました。

ここで入院費で4万バーツくらいだったのですが、海外保険をもちろん使うのですが、すぐにはキャッシュレスにならないため自分で一旦デポジットを支払って退院という事になりました。

この後に事件が発生です(;´Д`)ハァハァ

病院を出てタクシーに乗ったら、また直ぐに呼吸が出来なくなり、眩暈がしてきました。

やばいと思い、病院にそのまま戻り、まさかの緊急入院1日で2回目です。

今度は慣れたもんです、自分で緊急の窓口に行きました、そして12時間前に寝ていた処置室のベットにまた寝て、また血液を抜きました。

医者が言うには、今朝していなかった血液検査とレントゲン、呼吸テストをすると言うことです。

そして、また同じタイプの病室に運ばれました。
ちなみにこの病室は込みこみで1泊2万バーツくらいです。 
思ったのが、さっきチェックアウトしたばかりなんで、それなしにしてさっきの部屋を使ったら最初の2万バーツだけでいいですか?

結果的には次の日退院するんですが2泊分請求されて、全部で8万バーツくらいでした。 
この様に入院生活が終われば良いですが、本当に入院が長引く事もあるので保険はやはり大切です。

はい話に戻ります、検査の結果はすべて優良です。

主治医の方は、部屋に入ってくるなり半笑いでした。

「タオさん、何か不安な事ありますか?上司が嫌だったり、仕事が辛いとか?」

そして診断された病名が急性不安障害です。

不安障害の症状 めまい、動悸、胸痛、呼吸苦、発汗、震え、意識を失うような恐怖、このまま死んでしまうのではという恐怖

まさにこれです!(゚Д゚ )アラヤダ!!

僕が社長ですから、嫌な上司はいませんし仕事は大好きです。

でも症状はこれそのものです。

恐らくですが、過度の睡眠不足とストレスで過呼吸になったのが最初の発作です、そして2回目からがこの発作の原因が分からないのと、その苦しみを覚えている不安からの発作だと自身で診断しています。

その後、睡眠薬をもらい抗不安剤をもらい退院しました。

自分の人生今までに辛かったことはたくさんありました、コラート時代なんて死んだ方が楽なんじゃないかと思う生活でした。

今の会社を立ち上げた時のプレッシャーも大変なものでした、それでも大丈夫だった僕が不安障害??


いや~信じられませんが、症状はどんぴしゃです。

睡眠不足というのは間違いないので、その日から睡眠薬を飲んで寝る事にしました。

次回 やはり不安障害ってやつなのか?


【旅費の一部を楽天カードで購入すると、海外保険がついてきます】
↓    ↓    ↓




【充実した海外保険、更には国内旅行保険がついてきます】
↓    ↓    ↓




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いしますヽ( ・∀・)ノ


タイ・ブログランキング ←新しく参加いたしました ポチッとしてくれるとうれしいですヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト

死ぬ思いから、これからの人生を変える。 | トップページへ戻る | 人生で初めて死ぬと覚悟した。

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。