トップ  >  旅行記  >  アンコールワット 行ってみる?

アンコールワット 行ってみる?

2008年11月08日

僕はとても気まぐれな性格だし、思いついたらすぐに実行しなければ気がすまない。

思い立ったら、即日 である。

ある年の瀬、明日から休みなんだけどどこ行こうかな~と考えながら帰宅していた。

まだアンコールワットに行ったことがなかった僕は、カンボジアに行くことにした( ゚Д゚)キメ

ネットでちょっと情報を得て、その夜中に出発。

先ずはとりあえず、タクシーに乗ってモチット駅に行こうと思った、飛行機が嫌いなタオの移動手段はもちろん陸路である、モチットにいけばカンボジア国境の町アランヤプラテート行きのバスがあるからだ。

モチットに行く途中とりあえず、タクシーに聞いてみた

タオ「アランヤプラテートに行くんだけど、乗せてってくれる?」

興味を示す、タクシー( ゚д゚)ウーン


これはいけそうだ 2,000バーツまでならいいかな


タオ「1,500バーツ ガソリン代含むでどう?」

考える、タクシー

タクシー「1,800にしてくれる?」

いけた

タオ「うーん、仕方ないな~ガソリン代含むだからね?」

交渉成立 

※2005年のことですので。

ということで、モチットに行かずそのままカンボジアとの国境アランヤプラテートにタクシーで行くことになった。 隣の国までタクシーで行くというのは、島国の日本人としてはとても新鮮です。

大体、4時間ぐらいでアランヤプラテートに到着した。

そこで、カンボジアのビザを取ってポイペット(カンボジア領)に入った。 

ネットでは基本的にそこからバスなのだが、邪魔臭いのでそのへんにいた人に聞いてみた、

タオ「シュリムアップに行きたいんだけど、誰か車出さない?」

そうすると、怪しげな人力車の運転手が、車を出すところに連れて行ってやるというので、乗っていくとそこには、TOYOTAのカムリが一杯ならんでいた。 他の人と乗り合いで、一人300バーツで乗せて行ってくれるという。 結局僕は、知らないインド人とカンボジア人とアラブ人とタイ人と僕の5人でかむりカムリをシェアすることになった。 一人で貸しきるならば、1,500バーツということだろう。

一人で乗って、途中で追いはぎに遭ったり、殺されたりするのが嫌なので、シェアすることにした

DSCF0005.jpg

なかなか怪しい人力車ではあったが、ちゃんとカムリがあるところに連れて行ってくれた

DSCF0008.jpg

客を5人のせるには小さすぎるカムリ、後部座席は4人のりである。もちろんナンバープレートなんかはない

DSCF0006.jpg

シュリムアップまで続く道、走り出すと砂埃で視界が30m程度である。
対向車もほとんど見えない。 かなり、危ない(;´Д`)ハァハァ 飛行機の方が数百倍安全である。


truble car

途中、事故った車に何台かであった、その1台の近くでトイレ休憩があった。
ボオボコだが、死者はでていないらしい。
 さすがTOYOTA( ゚д゚)サスガ


ということで、僕は無事にシュリムアップへ到着した。 

約3時間くらいだったと思う。

かなりの恐怖体験ができると約束します(;゚∀゚)=3ハァハァ

バスの方が安全ですが、8時間くらいかかるそうです

FC2 アジア ブログへ ポチットなヽ(゚∀゚)ノ  

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いします(ノД`)書く活力をください...
スポンサーサイト

壮大 アンコールワット | トップページへ戻る | 呼び込み

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク