トップ  >  旅行記  >  地雷を踏んだらサヨウナラ

地雷を踏んだらサヨウナラ

2008年11月15日

朝早くに起きて、朝食をとりアンコールワット遺跡へ向かう

昨日と同じように、カンボジア型トゥクトゥクと1日13ドルで交渉成立

IMGA0072.jpg


昨日と、同じゲートをくぐりアンコールワット、アンコールトムの横を走る(・∀・)キモチイイ

アンコールワットにはじめて興味を持ったのは、学生時代に映画「地雷を踏んだらサヨウナラ」を見てからだ、浅野 忠信主演の映画で、一ノ瀬 泰造さんという戦場カメラマンの短い生涯を描いたものだ。 その当時(1973年)、アンコールワットは観光者はもちろん外国人が入ることなど許されていなかったらしい、それから約30年アンコールワットは日本人にとって手軽に行ける世界遺産の一つである。 

実際、僕にしても2日前にアンコールワットへ行こうと思って、今当然のようにアンコールワットを観光しており、観光客の多さに驚き、危険な場所というかけらも感じていない。

一ノ瀬さんが命をかけて、探したアンコールワット遺跡...





地雷を踏んだらサヨウナラ


観光客がとにかく多い、日本人観光客、日本人ガイドもすごく目に付く、本来ならば興ざめするシュチュエーションなのだが、アンコールワットそれ以上にすばらしかった。

遠くから見てもすごいのだが、遺跡の中に入り、頂上まで登ると本当に凄い!

(;´Д`)スッ、スバラスィ ...ハァハァ


明日は元旦、もう一度ここをこようと決意し、アンコールワットを後にする。

アンコールワット、アンコールトムを過ぎると、観光客の数は激減する。

ツアーにはこの他の遺跡めぐりが入っていないものが多いようだ。

僕は地図をみながら、遺跡をすべてまわることにした。

その中で、一番見てみたい遺跡

タ・プロームである。

コラートにいたときにタイのテレビで紹介されていて、本当に存在するのか疑ったくらいである。

この遺跡は樹木が長年にかけて遺跡を侵食したものである


IMGA0033.jpg

すごい、テレビで見た以上の迫力である(;´Д`)スゴイ

IMGA0032.jpg

どうやったら、こんな状態になるのだろうか、木の根が遺跡の血管のようである、映画のAKIARAをなぜか思い出してしまった...( ゚д゚)テツオー!


一番の目当ての遺跡であるので、2時間くらいいただろうか、その間に観光客は20人くらいしか訪れなかった、とても静かな遺跡である。 

IMGA0034.jpg

この遺跡の中で、遊ぶカンボジアの子達


他の遺跡もすべてめぐり、朝6時頃にでたのだがすでに日が落ちてきた



運転手が、夕日がきれいに見れるところがあるから行こうとずっといってたので、そこに行くことにした。 かなり急勾配の坂を歩いて登らなければいけない。

今年最後の夕日を、最高のスチュエーションでみることができるのだ

IMGA0064.jpg

地平線もくっきり見える。 日没まで見入ってしまいました(*´∀`)

隣にいた、日本人のおじいさんがみかんをくれたのをよく覚えている(´ー`)ウマー


ホテルに帰り、夜の街に繰り出す。 白人がNew yearが来るの騒ぎ、待っている。

僕も、少し参加させてもらった。こうして、新しい年を迎えたのだった( ・∀・)


FC2 アジア ブログへ ポチットなヽ(゚∀゚)ノ  

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ ←こちらもよろしくお願いします(ノД`)書く活力をください...

スポンサーサイト

元旦はカンボジアも休み? | トップページへ戻る | 壮大 アンコールワット

このページのトップに戻る

コメント

うらやましい

なんかむちゃくちゃ贅沢な新年の迎え方ですね!!
すっごいうらやましい。

来年の年明けは・・・・期待できないなorz




おじいちゃんからみかんというところで笑ってしまったw

No title

はじめまして。

私も昨年、アンコールワットに行きましたが、本当にいいところ(すごいところ)でしたね。

タオさんが行かれたのはいつか分かりませんが、私が行ったときは、タ・プロームはすごい人で、木の根だけの写真を撮るのに、人の流れが止まる(止める)のを待たないといけないぐらい大変でした。

また、アンコールワットの頂上は、もう立ち入り禁止になったみたいです。

でも、もう一度行って見たいところです。

No title

takroさん>来年の正月休みはバックパッカーにいかないんですか? 今もフィリピンにいっているので、なんかそれも羨ましいですが... いや、みかん本当においしいんです、小さくてしぼんでいるんですが、甘くてみずみずしくてまた食べたい!

ヒロさん>はじめまして、コメントありがとうございます。 今はそうなんですか...アンコールワットも結構古くなっていて、足元危なかった思い出がありますからね~。事故防止には仕方がないのかもしれませんね。 僕もまたいきたいです。 ちなみに僕が行ったのは2005年の正月です。

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

最新記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク